血液サラサラナビ【ドロドロ血液改善サポートサイト】

アマニ油〜生で摂取すれば、血液サラサラにして心臓病を予防!〜

油の取り過ぎは、肥満や動脈硬化、脂質異常症などを招く恐れがありますが、油の特性を知りうまく生活に取り入れていくことで、健康維持につながります。
油には3つのタイプに分かれます。
バターやラード、牛脂などの動物性脂肪に多く含まれるのが、飽和脂肪酸です。オリーブ油や椿油、ナタネ油などに含まれるのが、一価不飽和脂肪酸です。そして、コーン油や大豆油、アマニ油などが多価不飽和脂肪酸です。
アマニ油に含まれるオメガ3系脂肪酸が、日本人にはダントツに不足しています。
オメガ3は、血中の中性脂肪を減らし、脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化を予防します。
オメガ3が多い細胞はやわらかくなります。
栄養も行き届きやすくなり、仮に活性酸素が発生しても、元気な細胞はダメージを受けにくくなります。
アマニ油は食物繊維を多く含みます。
体に溜まった毒素を便と一緒に出すように促してくれますので、ドロドロな血液は解消されます。
また、アマニ油の成分はコレステロール値を下げる働きがあります。
アマニ油(亜麻仁油)は、亜麻という植物の種子から採れる黄色がかった油のことです。
外見や味はごまに似ています。
栄養価は高く、欧米でブームとなり日本でも広く知られるようになりました。
ヤンキースの田中将大(元楽天)の妻である里田まいさんが愛用していたということで注目をあびました。
アマニ油には栄養が凝縮されています。摂る場合には、なるべく新鮮なものを生で取ることが重要です。
オメガ3脂肪酸は酸化や加熱によって効果が徐々に失われていきます。

温かい食事の場合は、直前に加えて食べてください。
1日大さじ1杯を目安にとれば、不足分を補うことができます。
みそ汁やサラダなど毎日の食事にサッとかけて手軽に効果的アマニ油を取り入れてください。

アマニ油のポイント

@アマニ油はエネルギー源となりますので、最も活動量が盛んな昼にとることがおすすめです。
 サッとかけて生のまま食べましょう。
Aアマニ油には、独特なニオイがありますが、油が新鮮であればほとんど無臭です。
 熱を加えたり、開封後一定期間経過すると、香りが強く感じられることがあります。
 気になるときは、アマニ油大さじ1に対してレモン汁小さじ1を加えると、臭みが消えます。
Bアマニ油は、空気に触れると酸化します。
 未開封の場合は、高温多湿、直射日光を避けて冷暗所で保存し、
 開封後は冷蔵庫で保存し2週間を目安に使い切りましょう。
 密閉できる小ビンに小分けにしても便利です。
C薄い黄色が濃くなってドロッとしてきたら酸化してきた証拠です。
 また、使う前にニオイを嗅いで、独特のニオが強くなったり、酸っぱいニオイがしてきたら使用は避けてください。

アマニ油の基本の使い方

ポイント

・目安は大さじ1杯
・生でとる
・温かい料理には食べる直前にかける
・活動している昼にとる

料理にちょい足し

・サラダにドレッシング感覚で
・豆腐の大豆イソフラボンとの相性ぴったり
・納豆のたれと和えればマイルドな味わいに
・みそ汁は飲む直前に加えて
・パスタはほぐれがよくなり食べやすく
・カレーの隠し味にすれば、コクがUP!

アマニ油のアレンジ

レモンアマニドレッシング

■材料
・アマニ油・・・大さじ1
・レモン汁・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1/3
・こしょう・・・少々
■作り方
@全ての材料をよく混ぜ合わせます。レモン汁がアマニ油の独特の臭みを消してくれますので、アレンジしやすいドレッシングになります。
■アレンジ
・マリネのドレッシング
・焼肉のドレッシング

 

アマニポンだれ

■材料
・アマニ油・・・大さじ1
・ポン酢しょうゆ・・・大さじ1
■作り方
@全ての材料をよく混ぜ合わせます。ポン酢しょうゆを入れることで、さっぱりしつつも濃厚さが残る特製だれに。
■アレンジ
・おひたしにかけて、手軽に
・ホイル焼きにかけて。


FXを数値で比較 FX@外為比較