血液サラサラナビ【ドロドロ血液改善サポートサイト】

納豆のネバネバ成分で血液サラサラ、血圧上昇を予防!

納豆は血液サラサラの代表的な発酵食材として日本のみならず世界でも有名です。
大豆を発酵させる納豆菌は、ネバドロ血液の解消に大変効果があります。納豆特有のネバネバ成分の中にある酵素は、血管壁に付着して、血液の流れを妨げる血栓を溶かす力が大変に優れていて動脈硬化に効果があり、薬に匹敵すると言われています。
納豆の原料の大豆に含まれる、「レシチン」、「サポニン」、「イソフラボン」などの成分は血液をサラサラにする効果があり、それらとの相乗効果でより大きな効果を得ることができます。
また、納豆に含まれるリノール酸が血液をきれいにして、血管を健康でしなやかに保つことができます。血液の流れがスムーズになり血圧の安定に効果を発揮します。

 

1日1パックの納豆を常食にして、ネバドロ血液を解消して健康に過ごしましょう。

納豆とそばのおつまみ

【納豆とそばのおつまみの材料(1人分)】

  • ひきわり納豆・・・1パック
  • そば・・・10g
  • ネギ・・・適量

 

【納豆とそばのおつまみの作り方】

  1. そばをゆでて水気取り、1cm程度の長さに切ります。
  2. ひきわり納豆に@を入れて、付属のたれとからしを加えて混ぜ合わせます。
  3. 刻んだネギを散らします。お好みで白ゴマや焼き海苔をのせても美味しいです。

 

そばに含まれるポリフェノールは毛細血管の弾力を保ち、血圧を下げる効果があります。納豆と合わせることで、血液サラサラ効果が一層高まります。

納豆と水菜のどんぶり

【納豆と水菜のどんぶりの材料(1人分)】

  • 小粒納豆・・・1パック
  • 水菜・・・20g
  • ご飯・・・150〜200g
  • 和風ドレッシング・・・大さじ1
  • 白ゴマ・・・適量

 

【納豆と水菜のどんぶりの作り方】

  1. 水菜は3cm程度に切っておきます。
  2. 納豆に和風ドレッシングを加えてよく混ぜます。
  3. 丼にご飯を盛って、@とAをのせて、お好みで白ゴマを飾ります。

 

水菜の葉緑素は、アルコールや尿酸などを中和解毒する作用があり、血液を浄化するといわれています。納豆を合わせることで生活習慣病の予防に効果があります。

 

干ししいたけ納豆

【干ししいたけ納豆の材料(1人分)】

  • 小粒納豆・・・1パック
  • 干ししいたけ・・・2〜3枚
  • からし・・・適量

 

 

【干ししいたけ納豆の作り方】

  1. 干ししいたけを水で戻して、細切りにします。
  2. @と戻し汁を電子レンジで加熱して、納豆付属のたれとからしを加えます。
  3. 納豆にAを加えて、粘りが出るようによく混ぜて出来上がりです。

 

干ししいたけは、乾燥されているので栄養分がギュッと凝縮しているので栄養価が高いです。干ししいたけの戻し汁は、高血圧によく効くといわれています。そのまま飲んでも効果がありますが、付属のたれを混ぜると風味が引き立ちますよ。

 


FXを数値で比較 FX@外為比較