血液サラサラナビ【ドロドロ血液改善サポートサイト】

血液サラサラ食品〜レモンの効果について〜

レモンなどの柑橘類には、健康効果を持つ成分が多く含まれることは知られています。
レモン農家の方の血圧値を検査したところ、レモンの収穫期でレモン摂取が多い時期には血圧が下がっていることがわかっています。

 

心臓から拍動が血管壁を伝わる速さですが、血管が硬いほど早くて(数値が高く)、血管が柔らかいほど遅く(数値が低い)なります。
この数値はレモンを多く摂取したときは低くなっており、血管壁はしなやかで、動脈硬化のリスクが低いのです。

 

レモンを多く摂取する人ほど、血中の善玉コレステロールが多くて、中性脂肪が少ない値が出たり、痛風の原因となる血液中の尿酸値が低い値が出ています。
レモンに含まれるクエン酸は、血圧の上昇を抑えて、血圧降下の効果があります。

 

これらの理由から、レモンは血圧降下や動脈硬化を抑える、メタボ改善などに効果を発揮することが期待されます。
レモンは1日に半個〜1個程度を摂取するといいでしょう。
多くのレモン農家の方々は、朝レモン汁を搾って飲む方法を取り入れています。
レモンの摂取量が多い人ほど、このような取り方をしていて、しかも血圧の値が低い傾向にあります。
レモンに豊富に含まれているクエン酸は、体内でエネルギーを生む代謝回路の入り口に不可欠な物資です。その意味でも、1日の始まりの朝に、レモンからクエン酸を摂取するのは最も効果的です。
摂取の取り方はいろいろとあって、果汁を絞ってジュースやレモネード、レモンスカッシュなどにして飲んだり、また豚カツなどの揚げ物や生ガキに食べる際に、果汁を絞ってかけたりしてもいいですよね。

 

皆さん工夫しながら、レモンを食生活に取り入れてみませんか。


FXを数値で比較 FX@外為比較