血液サラサラナビ【ドロドロ血液改善サポートサイト】

エノキ氷の作り方

【材料(製氷皿2皿分)】
  エノキタケ・・・300グラム
  水・・・400グラム

 

@エノキタケは石突き(下から1.5cm)を切り取って、ざく切りにする。
A@と水をミキサーにかけてペースト状にする(約30秒)
B鍋にAを入れて、かき混ぜながら60分煮ます。火加減は弱火で、沸騰が続く程度です。
 焦がしたり、吹きこぼしたりしないように注意してください。
C火から下ろして粗熱をとります。
D製氷皿に流し入れて、冷凍庫で凍らせます。
E凍ったら、製氷皿から取り出して、冷凍用の保存容器かジッパー付の袋に入れて保存します。(約3週間は保存可能)

エノキ氷の効果〜エノキ氷を1日3個食べて血液サラサラに!〜

エノキタケには、多糖類である食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は便秘を解消して便通をよくする効果があります。
食物繊維の多さは、煮たエノキタケを噛むと、弾力があってよく伸びることからもわかります。
エノキタケをよく噛んで食べても、便の中に形状が残って、排泄されるのもそのためです。
エノキタケの細胞壁の中にあるキドグルカン(キノコキトサン)という成分は、血液中の脂質の低下作用、血小板凝集抑制作用、血圧効果作用、免疫賦活作用などがあります。
血小板凝集抑制作用とは、血液を固めて出血を止める働きをする血小板の凝集を抑える働きのことです。
つまり、キトグルカンを摂取することによって、血液がサラサラになるのです。
血液がサラサラになれば、血圧低下の効果があります。
代謝も活発化しますので、末梢血管の血流がよくなることで、低体温改善の効果があります。
また、キトグルカンの働きで腸の働きが整ってインスリンの分泌がよくなって血糖値の上昇を抑える効果もあります。
エノキタケを摂取するとさまざまな健康効果が得られますが、エノキタケの食物繊維によって出来ている細胞壁は、丈夫で壊れにくいため、通常の調理法ではその成分を十分に吸収することができないのです。
そこで、有効成分を効率よく摂取できる方法が、エノキ氷なのです。
エノキ氷の優れている点は、エノキタケを粉砕する煮る凍らせるの3つを組み合わせた調理法によって、エノキタケの成分を効率よく消化・吸収できるのです。
エノキ氷は味噌汁・鍋料理・スープ・カレー・野菜炒め・パスタソースに入れるなどさまざまです。
冷蔵庫で3週間保存できるので、とても使いやすいですよね。
1日3個を目安に摂取してください。

食物繊維が豊富に含まれているので、あまり多く取りすぎると腸が刺激されて、軟便や下痢を起こす可能性もあるので量を調整してください。
エノキ氷を取ることによって、血液中のコレステロール値・脂質などを下げることができて生活習慣病を予防する効果があります。ぜひ、皆さんもお試しくださいね。


FXを数値で比較 FX@外為比較