血液サラサラナビ【ドロドロ血液改善サポートサイト】

血液サラサラナビ【ドロドロ血液改善サポートサイト】にようこそ

血液サラサラナビ【ドロドロ血液改善サポートサイト】では、ドロドロの血液をサラサラに改善してくれる方法をご紹介していきます。

 

健康診断でコレステロールが高いと言われたり、
中性脂肪の数値が高かったり、
血圧が高かったりして
「動脈硬化が進んでいますよ」
なんて指導をされた方のためのサイトです。

 

テレビでも「血液サラサラ効果」についての特集なんかも組まれていますよね。
健康的な生活を送る上で、血液をサラサラにしておくことがとてもじゅうようなのです。
あなたの健康にぜひ、お役立てくださいね。

ドロドロの血液ってどんなの?

ドロドロ血とは、血液中の脂質が高い状態を指します。
ドロドロの血液を顕微鏡などで観察すると、丸かった血球がだんだんつながってしまった状態になっています。
血球の形もつぶれたようにぺちゃんこになり、さらに血流を悪くしていきます。
また全体的に光が通りにくくなるので、画像で見る色あいが濃く見えます。

 

血中の脂質が高いと、病院では高脂血症と診断されます。
血液中のコレステロールや中性脂肪が増えることで血液が粘り気を持ち、固まって流れにくくなります。

 

コレステロールも中性脂肪も脂肪の一種で、体内のエネルギーを作り出すのに大切な働きをしますが、過剰に摂るとそれが体の中に溜まりすぎて悪い影響を及ぼします。

 

血管内の壁にコレステロールが付着して血管を細くしたり、血管を壁が分厚くなることで硬くなり、血液の流れを悪くします。ドロドロの血液が動脈硬化の原因と考えられています。
ドロドロした状態から血栓(血の塊)になると、細い血管で詰まり、脳の血管で詰まると「脳梗塞」に、心臓の血管で詰まると「心筋梗塞」を引き起こす原因になります。

 

ある統計によると、50代になると10人に6人がドロドロ血に、
30代、40代でも5人に1人がドロドロ血だと言われているほど激増しているそうです。

 

血液に興味があるのは介護福祉士さん!
夜勤専従で働く看護師さんもしっかり勉強されています♪


FXを数値で比較 FX@外為比較